理学療法

理学療法士が大学院受験で聞かれる10の質疑応答と受験対策

さて、先日大学院受験を終えてきました。

まだ結果発表はされていないので、結果がわかりませんが、

面接試験で聞かれたことを紹介していきたいと思います。

 

こんなあなたにオススメ

大学院入試で何を聞かれるか知りたい

これから大学院受験を控えている

理学療法士が大学院受験で質問されたこと

1.大学院を志した理由は?

2.簡潔に修士研究計画を説明してください。

3.なぜそれをやろうと思ったのですか?

4.それをやることで、臨床意義はありますか?

5.臨床応用をどのように考えていますか?

6.特定疾患のみではなく、他の疾患にも応用できますか?

7.いつ頃から大学院を目指したのですか?

8.outcomeはどうするんですか?

9.あなたが考えている臨床応用を用いている報告は過去にありましたか?

10.そのような臨床応用を考えたのは、臨床現場で似たような経験をしたからですか?

11.いま何年目ですか?

 

順不同ですが、このようなことを聞かれました。

まったくこの通りに聞かれたわけではなく、このようなニュアンスで質問を受けました。

基本的には提出した研究計画書に沿って質問されます。

自分の研究計画書を何度も読み、過去の文献を読み込んでいれば、ほぼ答えられると思います。

理学療法士が大学院受験をするのに英語は必要?

面接の他にもペーパー試験がありました

僕が大学院を受験した時は、英論文和訳は必須ではなかったですが、

近年、理学療法士が受験する大学院では英論文和訳が必須になってきています

英語の勉強についてはこちらの記事後半を参考にしてください

理学療法士に英語力は必要?英語力のこれまでとこれからどうも皆様こんにちわ わらぴぃ(@ptblogpt)です! AIやITの進歩が目まぐるしく、自動翻訳機やオフラインでの翻訳機など、 ...

理学療法士が大学院受験をするときに行った勉強方法は?

それぞれの学校で異なると思いますが、

僕が受けた学校では過去問があったのでそれをひたすら解きました

でも、ただ解くだけでは応用が利きません

その問題の基礎知識を再度深め、応用できるように勉強をしました

また、どういった分野の研究をしている理学療法士(教員)が多いのか、

その教員の論文はないか?あれば読み漁る

読み漁った論文から、次回のペーパー試験に出そうな部分はないか?

を予想して考えていました

基本的な部分を押さえておければ、だいたい解ける問題が多いです

理学療法士が大学院受験で聞かれる10の質疑応答と受験対策について、おしまい

今回は、理学療法士が大学院受験で聞かれる10の質疑応答と受験対策についてお伝えしました

今後、受験する方の参考になればと思います。

 

あ、面接の質疑応答11個でした(笑)

受かってますように!!!!!!!!(笑)

人気ブログランキング

読みおわったら、クリックお願いします^^


理学療法ランキング

健康と医療ランキング

 
このエントリーをはてなブックマークに追加