理学療法

腹筋鍛えるのにEMSマシンって効果あるの?

さて今回は、巷で人気のEMSについて

憧れのシックスパックがベルトを巻くだけで手に入るのでしょうか!?

今回はシックスパックをゲットしたい方たちに向けて書いていきますよー!

 

運動マイスターである理学療法士の私が、

学んだことを基に考えていきます!

 

ちなみに、使ったことないんで、

使ってみて効果がある人もない人もいると思ってください!

 

EMSとは?痩せる?

EMSとは、Electrical muscle stimulationの略です

日本語でいうと、電気筋刺激

 

「運動マイスターのくせに電気なんか使わないだろ」

とか言われそうですが、

“物理療法”

というものが、私たちにはあります。

これは、超音波や電気、温熱などを用いて、

治療を行うことです。

 

なので、EMSも勉強していますよ!

 

 

そもそもシックスパックとは?

そもそもシックスパックってなんでしょうか?

基本的に、腹筋は8つ(6つ)に分けられる、

と私は習いました。

これは人間であれば誰しもがそうです。

まぁ、今回はシックスパックが目的なんで6つしときましょう。

 

基本的に6つに分けられるということは、

基本的には誰もがシックスパックなんですよ。

シックスパックは誰にでもある!?

じゃあなんでシックスパックが見えないの?

って話ですよね。

 

“それ、脂肪ですよ”

 

ヒトの身体は表層から、

皮膚⇒脂肪⇒筋膜(今話題の笑)⇒筋肉

という順番になっています。

 

必然的に脂肪が多ければ、筋肉は隠されてしまうんですね~

 

 

シックスパックをゲットするためには、

脂肪組織を減らすしかないということになります

 

EMSで腹筋は鍛えられない?

シックスパックゲットには脂肪を減らすしかないと言いましたが、

EMS自体は腹筋に刺激を与えることは可能です。

ただ、筋肉の収縮には原理原則が存在しています。

 

僕が思っているのは、電気刺激で負荷量を変えられても、

いつかは慣れてしまうのではないか、

ということ。

筋トレに大切な原理原則を見ていきましょう!

シックスパックを作るために必要な筋トレの原理原則

過負荷の原理

過負荷の原理とは、

軽い負荷のトレーニングを繰り返すだけでは、

刺激強度が不十分で筋力増強には結びつきませんよ、

って原理です。

 

電気刺激に慣れてしまえばそれはトレーニングにならないんですね。

 

全面性の原則

次に、

全面性の原則

これは、

動作中は個々の筋のみが働くことは稀なため、

トレーニングが必要な関節の運動方向に影響を及ぼす筋を全面的に

トレーニングしていく必要がありますよ、

って原則

EMSでは常に同じ部位に同じ程度の刺激がいくと思います。

それだと、個々の筋にしか刺激が加わらず、

トレーニングにはなりません。

 

僕らの身体は、いくつもの筋が

協調的に機能することで成り立っています。

 

可逆性の原理

可逆性の原理とは、
トレーニングを中止すると、元の状態に戻ってしまうこと。

筋力増強には週2-3回と学びました。

週2-3回も効果が実感できないものを続けられますか?

 

漸進性の法則

次が

漸進性の法則

同じ負荷で一定期間筋力トレーニングを継続すると、

それ以上続けても効果が現れなくなりますよ、

って法則

過負荷の原理に少し似ているかもしれませんが、

様々な負荷でトレーニングできるEMSならクリアできるかもしれません。

 

反復性の原則

最後が、

反復性の原則

筋力増強の効果を実感できるようになるのに3か月、

体格の変化が現れるのに6か月かかるといわれています。

これ結構大切ですね。

 

シックスパックがゲットできるとしたら、

EMSやり始めて半年かかるんですよ。

 

そこまで効果がなくても、続けられますか?

 

ふつうだったら無理だと思いますね~

 

結局のところEMSって痩せるの?

さてさて、ここまでお読みの方はなんとなくわかるかもしれませんが、

EMSでシックスパックをゲットするのは、

無理

だと考えています。

 

ぶっちゃけ、授業でも、

EMSでシックスパックなんて無理だから

なんて、こと言ってますから笑

 

EMSの効果は嘘!?

否定ばっかして、肯定する文献とかはないのか!?

って聞こえてきそうです。

 

EMSを肯定する文献はあります。

The Effects of Neuromuscular Electrical Stimulation Training on Abdominal Strength, Endurance, and Selected Anthropometric Measures

 

この文献では

・EMSは筋力と持久力を高めるのに効果的でした

・すべての被験者は、EMSの結果として、

腹筋がより硬く、より緊張していると感じました。

・体重や皮下脂肪の変化がないにも関わらず、

腹囲と胸囲も大幅に減少しました。

 

と、結論付けています。

まぁ、筋力はつきますよ。

電気筋刺激

ですから。

 

筋力つく=シックスパック

ではないですよ。

上述したように脂肪燃焼しないと、

シックスパックにはなりませんよ。

 

 

僕もEMSの筋力増強効果は肯定しています。

ただ、それをやるだけで、

シックスパックが手に入るわけがない、

 

ってことです。

 

おしまい

さて、EMSの効果・筋トレの基本を考えてみました。

まぁ、結論は

EMSでシックスパックは無理

です。

 

なんで効果があって、

なんで効果がないのか、

を考えてみました!

 

じゃあどうやったらシックスパックが

手に入るんですか?

って方いればコメントどーぞ

 

※あくまで私見です。

相反する見解の方もいます。

どっちが100%正しいってわけではありません。

使用するもしないも個人の自由です。

どうぞ、シックスパックライフを!!

人気ブログランキング

読みおわったら、クリックお願いします^^


理学療法ランキング

健康と医療ランキング

 
このエントリーをはてなブックマークに追加