理学療法

なぜ理学療法士で大学院進学なのか

どうも皆様こんにちわ
わらぴぃ(@ptblogpt)です!

本日はなぜ大学院進学を志したのか

大学院で何を学ぶのかをつらつら書いていきたいと思います。

まだ入学していないので、詳細なことはあまり書けないかもしれませんが

何かの参考になれば幸いです。

理学療法士が大学院へ-修士課程と博士課程

理学療法士で大学院進学する方も増えてきましたね

大学院には修士と博士があります。

ご存知の方が多いかと思います。

修士過程は博士前期課程、

博士課程は博士後期課程、

と呼ぶ学校もあるようです。

修士と博士の違いはなんでしょう。

修士課程では、

広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又はこれに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うこと」を目的している。

wikipediaより


博士課程は、

「専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うこと」を目的としている。

wikipediaより


私が修士課程に進学した目的は、研究能力を身につけようと思っていたからです。

これまでに多くの先人が、理学療法の基礎を築き上げてきています。

私は、それを科学的に証明できるようにしたいと考えています。

決して、現状が非科学的であるとは思っていません。

エビデンスを基に臨床推論していくことも大切ですし、

場合によっては、セラピストの経験則から臨床推論を行っていくことも必要だと思っています。

ただ、先輩に聞いたときに、

「これは経験しないとわからないからね〜」とか

「まだ経験年数若いからね〜」

とかって言われるのは、違うんじゃないかなと思っています。

経験則であっても構わないので、なぜそう感じたのかを説明できるようにする義務があると私は思っています。

なので、そういった”経験則”と呼ばれるものを、

科学的に証明できれば楽しいんじゃないかなと考えています。

理学療法士が大学院に行くにあたり私立か国公立か

さて、大学院に進学する目的はなんとなくイメージ出来たかと思います。

次は、どの学校に行くか。

理学療法士で大学院に行くとなると、仕事をしながら夜間授業を受けることが多いです

そういったことも踏まえ、さらに

学びたい教授がいれば、その研究室に入るべきです

間違いなく。

僕は、学びたい分野があり、大学教員のコネもあったので、

かなり前からアポとって会ってました。

“落ちても研究したかったら一緒にやろう”

と試験前に言われて、落ちる可能性にビビってました。笑

金銭的にー、って場合もありますよね?

僕も金銭的には国公立かなって思ってたんですけど、

合格後に他の理学療法士が通っている大学院の費用見たら、私立でも安いところ結構ありました。

私立=高い

ってイメージは辞めておいた方がいいかもしれません。

理学療法士が大学院入学までにするべきこと

学びたい学校も決まり、入試が終了しましたね!笑

入試に関しては別記事で書いてますので、ご参照ください。

https://pt0405pt.com/mastercourse/

理学療法士が大学院に入学するまでに何をしておくべきなのでしょうか?

入試前から入試後、入学前までに私がやっていることと言えば、

興味のある分野・研究分野の論文を読み漁っている。

これに尽きます。

なにせ、研究計画書を完成させないといけませんから。

入学前にしっかり出来上がっている方が稀らしいですが、

入学前にできることはやっておきたい主義なのです。

おしまい

なんのために大学院に行くか明確になりましたか?

私は、

研究能力を学ぶ

大学教員になるため

です。

大学院に通うといっても、

職場の理解や、金銭面の配慮などが必要になってきます。

決して安い授業料ではないと思います。

“なんとなく”入学するのもありかとは思いますが、

強い志を持って入学するのが理想だと私は考えています。

偉そうに書いてますが、ようやくスタートラインに立てた身です。

これから進学する方、進学しようと思っている皆様、

よろしくお願いします!!

 

人気ブログランキング

読みおわったら、クリックお願いします^^


理学療法ランキング

健康と医療ランキング

 
このエントリーをはてなブックマークに追加